Watch エピソード 3
ダウンロード:
シェア
EP3のメッセージ
菊花、金蘭凛、香の3人は、2000年前のキリストの誕生と、400年前の島原でキリストの死を記念する聖餐式を目の当たりにして、クリスマスの本当の意味を知るようになりました。クリスマスには、ケンタッキー・フライド・チキンとケーキを食べて、ただパーティーを楽しむことよりもっと大切な意味があることが分かったのです。その名前「クリス・マス」、即ち、「クライスト・マス」が示すように、クリスマスは、私たちの罪を背負い十字架に死ぬために生まれてくださった「キリスト」を称え、祝う日です。 このようにクリスマスの真の意味を知った3人は、自分たちだけではクリスマスを本当の意味で祝えないことに気がつき、それを祝うために一番ふさわしい場所が、「教会」であることを発見します。香が言っているように、クリスマスを祝うための最高の場所は、クリスマスの本当の由来と意味を知っている人たち、それを信じて、心からそれを感謝し、祝っている人たち、要するに「クリスチャンたち」が集まる場所、即ち「教会」です。教会は、ある特殊な人が行くところではありません。3人が、電車の中で会ったおばあちゃんとそのお孫さんのように、小さい子供からお年寄りまで誰でもが行けますし、色々な人がいます。それは「家族」のようなところです。教会は、みんなで一緒に賛美歌を歌ったり、聖書を学び、また共に祈りながら、お互いに気にかけて、励ましあい、支えあうところです。教会にもいろいろな教会・教派があります。しかし、その違いは余り心配する必要はありません。それは、ほとんどの場合、単にスタイルの違いだからです。 私たちが、「教会」に行くべきである最も大切な理由は、そこで、クリスマスの意味を始め、キリスト教とは何かが、「聖書」を通して正しく教えられているからです。確かに、クリスマスの意味を知らないでクリスマスを祝っている人もいます。しかし、クリスマスが「キリストの誕生を祝う」ためのものであることを知っている人々でさえも、それ以上、考えようとしないばかりか、適当な答えや勝手な想像で満足して終わっています。なぜキリストは生まれなければならなかったのか? なぜ人間になる必要があったのか? 処女から生まれたのはなぜか? なぜ成人になってから十字架にかからなければならなかったのか?等々は、本で読んだだけでは十分に分かりません。残念なことは、しばしば、そのようなことを記したキリスト教関連の本が、キリストを知らない、信じていない人々によって書かれていることです。それでは、クリスマスの意味を初めとして、正しく聖書やキリスト教を理解できるはずがありません。聖書を知るための最高の場所は教会です。ぜひ、一度と言わずに、何度でも、勇気と忍耐をもって教会を訪ねて、聖書の学び会に参加、或いは、日曜礼拝で語られる聖書からのメッセージに耳を傾けてください。さあ、GPSを使って最寄の教会を探し、ご出席ください。